こっちのブログは、クオリティの低さを気にしない、「完全なる自分のためブログ」と考えよう。

だれに役立つブログにするか?
できれば読者も、とは書いている。
だけど、あまりにも読者を意識しすぎているせいで、自分のためにさえもなっていない。
あくまでこっちのブログは自分のためのもの。
他を気にしすぎてはいけない。
自分へのメッセージを強く、熱く書くから、意識しないところで誰かのモチベーションも動かすことができるのだ。
そうなのだー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
夢に向かって前進中!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR