光 ~色と波長の関係~

光の「色と波長の関係」について。



この記事での目標
① 波の波長、周波数について説明できる
② 波長の長い短いで色がどう変わるか、説明できる



まずは

① 波長、周波数について



周期性を持って振動し、一定方向に進んでいくものを、波といいます。

光もこれと同じで、なんか揺れながらうにょうにょと進んで行っているんです、

周期性を持って。



上図では同じ形が2つあるので、この図では波が2周期分ある、といえます。

(同じ形に見えないって?そんなことはありません。

同じです!

…同じです。)



で、1周期で進んだ距離を「波長」といい(下図)、



1秒あたりの振動数(1秒に何周期分振動したか?の回数)を「周波数」といいます。



周波数は単位「Hz」(ヘルツ)(回/秒)で表され、

下図では、2秒で4回振動しているので、

1秒あたり2回振動、

ということで、2 Hzの波ですね。



上図に比べて、より多く振動してそうな下図では、どうですか?

何Hzですか?





答えは、

1秒で4回振動、すなわち4 Hzです。



分かってきましたか?(^^)



「周波数」が日常会話で出てきそうな話としては、

例えばヒトが知覚できる音の周波数は、

20 Hz~20,000 Hz(20,000 Hz = 20 kHz)

なんて言ったりします。

(理解のため、空気が1秒間に20回とか、10,000回くらいとか、振動して伝わっていっている、ということをイメージしておいてくださいね。)



特に、17,000 Hz~あたり?は、

若い人には聞こえ、歳をとると聞こえなくなる

という「モスキート音」ってやつですね。





①はこんなもんでしょう。

波長とはなにか?分かりましたか?

理解した場合は次へ!





次、② 光の波長と色の関係。



と思いましたが、



長くなるのでこれは次回!
スポンサーサイト
プロフィール

とも

Author:とも
夢に向かって前進中!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR